全面リフォーム・耐震補強のアーバンプロジェクト:横浜・神奈川

全面リフォーム・耐震補強のアーバンプロジェクト:横浜・神奈川

戸建てリフォーム
マンションリフォーム
リフォーム無料相談
リフォームお見積
リフォームを考えてる方必見の小冊子プレゼント
よくある質問
社長ブログ
リフォーム工事ブログ
お客様の声とお客様へのメッセージ
人気記事ランキング
朝日新聞おすすめ専門家サイト
神奈川県 横浜市 保土ヶ谷区 アーバンプロジェクト
新築住宅もお受けします。
☆前回は、結露は空気中に含まれていた水蒸気が、空気の温度低下によって、

水分となってしまい水滴になることをお話ししました。


結露を防ぐには、ずばり室内の水蒸気の量を減らすことと、

空気の冷やされる部分をなくすことです。


室内の水蒸気は、人の呼吸もありますが、これは仕方ありません。

時々換気をするか、換気装置に頼ることになります。

次にお料理での煮炊きです。

シチューや煮物は、ぐずぐずと長時間煮ますので、水蒸気が出てしまいます。

換気扇をつけて排気しましょう。

また、室内で洗濯物を干したり、ストーブも水蒸気を発生させますので、

換気するしかありません。

なるべく、水分が発生することは、気をつけることです。


次に大切なことが、「断熱」です。

建物の構造にかかわるのですが、室内が暖かく、外が寒いと、

ここでも空気が冷やされて結露を発生します。

そして、窓が一番に熱損失が大きいのです。

冬場に窓が曇って、水滴が垂れて困るなんていう方が多いですね。

ガラス1枚で、外気は寒く、室内は暖かいので、ここで空気が急激に冷やされて結露を発生します。

ガラスをペアにするとか、内側に二重サッシと取り付けると、

内部の空気層が断熱の代わりに働き、この暖寒の差を減らしてくれるので、結露が発生しにくくなります。


また、家の床や壁、屋根に断熱材が入っていないお宅も多く、そうすると寒いし、結露も発生しやすくなるのです。

マンションの北側の部屋も、他の部屋より寒いので、結露が発生しやすいのです。

ですから、なるべく室内で水蒸気を発生させないことと、断熱を考えることが解決策になります。

とりあえず、そんな工事できないよ。と言われる方は、

ホームセンターで、窓ガラスに張る空気の入ったシートが売られていますので、

冬場はそれを張ることでも、少しは改善できます。

株式会社アーバンプロジェクト 045−372−0177
〒240−0051 神奈川県横浜市保土ケ谷区上菅田町250−5

全面リフォーム,耐震補強,キッチンリフォーム,トイレリフォーム,風呂リフォーム,外壁リフォーム,屋根リフォーム

株式会社アーバンプロジェクト